m-memo

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

3回目の桜


桜咲きました。
あれから3度目の桜の下の散歩です。



凄くゆっくり。
以前は引きずられるように離れていたリードの距離は、いつのまにやら凄く近づいて、今はマフを少し後ろに感じながら歩きます。
少し後ろに歩くマフを気にしながら歩くので、いつの間にか前方がおろそかになります。
ゆっくりゆっくりマフのペースで歩けるように、みんなが寝静まった頃に桜を見に行きました。
誰もいない桜の道はなんとなく自分たちだけの空間のようで、すごく大切な時間に感じます。


年末以来少しずつ回復してきた時は、
自力で立てた、自力で歩けた、自力でトイレ出来た、自力で寝返りがうてたと、少しずつ介助がいらなくなって、少しずつ足腰もしっかりしてきて、足取りも力強さを感じてきて、体重もゆっくり戻りはじめ、療法食以外の好きな物は鼻でグイグイする程欲しがるようになってと・・・少しずつ出来ることが増えていく事が、まるで子犬を育ててる頃のようで、治っていっているような錯覚さえしていて。

だけど、去年の秋まで一食の量は100gまでは食べれていたのに、今は頑張っても60gちょっとがせいぜいです。
それ以上食べると、4時間後ぐらいにごはんのカスをちょっと戻します。
戻し方から、たぶん胃に入りきらなかった分が何処かに引っかかってて出て来るのかなーと思っています。
食べれる量が半年で3分の2に減ってしまった事から、癌はやっぱり大きくなっているんだなーと現実を思い知らされ、良くなってきた事とのギャップが私の頭を混乱させているような状態です。

本当はもっと沢山楽しい場所に連れて行ってあげたいのだけど、
去年の秋の終わりぐらいから、車の揺れに踏ん張る時にお腹に力が入るのが辛そうに感じたので、
(短い距離でカーブの少ない場所なら大丈夫なのですけど)極力、長時間のお出かけは控えています。
なので、どうしても普段のお散歩道ばかりになってしまいますが、
小さな楽しみは、マフが行きたい道を選んでいます。
行きたい方向と違う方に行こうとすると、足を踏ん張って拒否するんです。
今まであまり見たことのない姿なので少し新鮮です。





闘病 肥満細胞腫・肝癌・扁平上皮腫 | permalink | - | -

自信がついてくれればな〜


今週もニコタマへ・・・駐車場から近いし暖房がきいてる店内は少し長居しても安心。
でも、まだ心配なので他にワンコがいない空いてる時間に・・・。


閉店時に他にだれもいなかったのでマフちんは店員さんに又潜りさせてもらえて・・・ご機嫌で帰ってきました。


こんな時に悪いタイミングと言うか、いいタイミングと言うか、長年使ってたオーブンレンジが、凄い音と、電気臭い匂いがしてきて壊れてしまいました。
古いうえに半年以上マフちんに毎日クッキーを焼いていたので、とうとう悲鳴を上げたのかな。今となってはそのクッキーすら飽きてしまって、食べてくれなくなったけど(涙)
その間も途中から電源スイッチがおかしいのをだましだまし使っていたのです。
完全に壊れないと捨てられない貧乏性。

フイの出費に懐が凍ったけど、お家に念願のウォーターオーブンがきました。レンジにつきもののAGEを抑えてくれて、なんと一度にいろんな食材を調理できるので、中に入れて出来上がるまで放っといていいなんて、グータラ妻には強い見方です。
昨年末のマフに付きっきりのときは、とても台所で火の番なんてしてられなくて、殆どコンビニに助けてもらっていたので、食材つっこんで一度セットすれば目を離してもできあがるなんて、今の我家にはピッタリな代物になりました。ただデカイ。前のもでかかったけど、さらにデカイ。家もたまたま置く場所が合ってよかったね。って感じです。
車のスライドドアといい・・・「マフは自分の為に超能力を使っているみたいだ。」ってダンナが。(笑)
まさにちょーどいいのうりょくだね。

今度のヤツはよくしゃべるのですが、「できあがり〜!」をその日に覚えたマフは流石。
ん〜私の言葉は今や大体で流すくせにT∧T


寝たきりになって足がフラフラな時に、絨毯と床の段差でさえつまずいてしまうような状態なのに、無理して自分のベッドやソファーに乗ろうとして、何度かコケたのがトラウマになっているようで、ベッドが5センチぐらいの高さでさえ、乗るのを躊躇してしまうようになってしまいました。
だから、今まで寝てたドッグベッドにはのりません。
しかたがないのでコストコで買っておいた低反発ビッグサイズのバスマットを敷いています。
活躍はして欲しくなかったけど、固い床の上に寝かせるよりはあってよかった・・・。

今の足取りの状態ならもうベッドには問題なく乗れると思うんですけどね。
その証拠に夜中にトイレに行って寝ぼけて戻って来るときに時々ベッドに上がることもあるんです。

自分でベッドに介助なしで戻れるって言うことに早く気づいて、少しでも自信になってくれればいいな〜。






闘病 肥満細胞腫・肝癌・扁平上皮腫 | permalink | comments(0) | -

8割ぐらい復活


玄関までのお見送りとお迎えも先週から復活。
パパは朝出かける時に「すごいすごい。」が口癖になりました。
殿は晩年は途中からお見送りとお迎えもめんどくさくなったり、帰ってきたのも気づかなかったりしたけれど、マフは体が動かせるようになってから、何をおいても真っ先に復活した習慣です。
マフにとっては自分が食べる事より大事な行事なんだね。

昼間は寝てる事が多いけど、動き回る回数は格段に増えました。
けれど、寝たきりだった期間が長かったせいで痩せただけでなく、あらゆる筋肉が弱ってしまったので疲れるのも早い。

30分だけお出かけしてみました。



8割ぐらい復活です。








闘病 肥満細胞腫・肝癌・扁平上皮腫 | permalink | comments(2) | -