m-memo

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

ブルーベリー酵素

今年は紫蘇ジュースも梅酵素も作らなかったので、ブルーベリーで作ってみました。酸っぱい品種だったので、思ったより甘くなく、ブンタン系の柑橘類を皮ごと入れたせいか、後味で遠くの方で渋みを感じる出来になってしまいました。ブルーベリー、ハハの目に良いかな〜っ。
作り樽の放置期間の発酵泡が未だかつてないほどエライ事になっていたので、容器に入れ替えてからの状態が心配でしたが、どうやら移してからは大人しい。しばらく気を抜かず去年のように溢れ出して大掃除にならないように気をつけます。
来年は思いきって甘い品種でおもいっきり甘いのにしてみようかな。
去年のストックがまだあるので5lしか作ってないし、すでに飲んでるし、容器の半分も入っていない絵図らは作ったばかりって感じじゃありませんが(汗)


そうです。まじめに朝晩飲んでいないので、ストックが溜まってしまうっ。どうにかしないと。
そもそもちゃんと飲まないと意味ないのか(反省)

2011 夏ブルーベリー
ブルーベリー2キロ、枝豆、メロン、びわ、文旦系柑橘類3個、さくらんぼ、トマト、えんどう、インゲン、しそ、もも、プラム、しいたけ、まいたけ、リンゴ、キウイ、今年はルール無視で三重産。





ごはん | permalink | comments(0) | -

梅酵素

春の酵素が6キロしか作れず、さて夏まで足りない分をどこで作ろうかと思っている間にもう6月になってしまいました。
秋より春の方が私的には効き目がはっきりわかるぅ〜って感じだったので、できれば補充したかったんですけども。

野草は野山より水辺の方が種類が多いと先生から聞いていたのですが、5月中旬から6月となると標高の高い場所にいかなければならないし、そうすると自然と川も上流のワイルド感いっぱいな場所ばかり、
標高が高くて水辺で、車を近くまで入れられてなんて絶好な場所が見つからず、10キロ近くの野草を背負って沢登りなんて、想像するだけでムゥリィ〜〜〜〜T△T

というわけで、簡単に断念しました(爆)

だけど、春の酵素作りから完全にハマってしまってる母と妹が、
もうすぐ無くなるので何でもいいから作りたいと言ってきたので、
梅の酵素を作る事にしました。

とはいへ、実は妹の働いてる所は、
労働基準法を完璧に違反してる(怒)激務な職場なので、お休みが殆どないのです。
というわけで、月に何度あるか分からない唯一の休日に、
あわただしく急遽スケジュールを決めて、
買い物して、実家でビニールシートを引いて、
青空の下とはほど遠い環境での作業。

梅は8割ぐらいまで使っていいそうですが、今回は6割。
青梅と南高梅、それに大好きなフルーツをいっぱい入れる事にしました♪
メロンにスイカ、びわ、あまなつ、夏みかん、さくらんぼ、トマト、そらまめ、えだまめ、えんどう、アスパラ、インゲン、ししとう、しそ、赤ジゾ、旬じゃないけどレモン。

やっぱり切るものが色とりどりなので春よりはテンション上がるし、
秋より切りやすいものばかりなので、サクサク出来ちゃいました。
だけど、途中途中の美味しそうな誘惑が・・・
このまま食べた方がおいしいんじゃねぇ〜?という心の声との戦い。


これからまたペロペロ週間がはじまりますね(笑)

どんな味に仕上がるかたのしみ〜。
それにしても、梅の酵素はエンゲル係数の高い酵素ですね〜。
メロンとかサクランボとかスイカとか・・・
梅も南高梅は高かった・・・失敗だったら泣きそう〜。




ごはん | permalink | comments(4) | -

24


葉っぱもこんもりしてきたし、手を入れると冷たくなってきたので、ちょうど一週間目で濾す事しました。
葉っぱをザルの上に乗せて24時間残りの液が落ちるのを待ちますが、
もう24時間経つのに、未だにポタポタと出てきてるし、葉っぱもビタビタなままで・・・
もう少し、このまま様子を見るべきか悩む所です。

青臭い匂いは3日目ぐらいから徐々に柔らかくなりました。
間違えて発酵剤を多めに入れちゃったので、発酵しすぎてなければいいんだけどぉ〜
そのせいなのかどうなのか?私的には正直ちょっと苦手な匂いです。
水で薄めればもうちょっと飲みやすい匂いになるのかな・・・。
実は匂いがダメで、試飲はまだマフしかしてません〜(笑)
海の精を入れてみて、ちょっと落ち着いた所で試してみるつもりです。
で、思いついたのですが、ペリエで割っると美味しいかも〜?

マゼマゼタイムは日に日に変化があるので秋と同じくそれなりにやっぱり楽しみな作業でした。
この方も毎日嬉しそうだったしね〜♪
ダメ!ダメ!っと言われながらもしっかりタルの淵をペロペロしてました。
マゼマゼする時は片時もタルから眼が離せないので、
タオルやら、ティッシュやらまず全て用意して臨戦態勢です。
しかも手がベタベタになるので、迫って来るマフの体を避けられないでしょ(笑)
余ってる足やらお尻やらで防御するしかありませんので、
かなり残念な格好で混ぜております。
だって、この方が「マテ!」「ステイ!」が数秒しか保たなくなっちゃうんだもん〜。

春の酵素は秋より強いって聞いていましたが、
たしかに?・・・つけてた方のタルは色素が沈着しちゃいました。洗っても落ちません〜。

補足‥4/27濾し終わって海の精を入れて初の味見をしました。
かすかに青い、遠くにニッキを感じる・・・
一週間後もうちょっとマイルドになってくれますように。
水で割ってもコップ一杯が甘ったるいお薬みたいです〜。
救いはマフの食いつきが秋よりもさらにアップ!
すごく執着してるから濾してる最中も間一髪・・・(笑)
まあねマフのためにタンポポやクローバーを探したんだもの^^

量はほぼ取った草の量6l〜7lぐらい・・・?あ、これって砂糖の量?



ごはん | permalink | comments(2) | -